自分がそれをやりたいか?

やりたくないか?

自分がそれを好きなのか?

嫌いなのか?

自分のやりたくないという気持ちや

嫌いという気持ちを抑えて、

色々なことをやっている人が

日本人には凄く多いと思います。

我慢や苦労、自己犠牲が美徳みたいな考えが根強くありますよね。

でも、それを続けているうちに

本当に自分の求めていることや

自分の好きなこと、やりたいことが

自分でも分からなくなってしまったりします。

人目を気にして、

周りを気にして、

世間を気にして

ずーっと、

自分の本当の思いや気持ちをないがしろにしていると

自分を見失ってしまいます。

やりたくない、

それは嫌だってもっと言おう。

それをされたら自分は悲しいんだって。

それをされたら自分は気分が悪くなるんだって。

もっと大切にしてほしいんだって。

もっと尊重してほしいんだって。

もっと愛してほしいんだって。

もっと認めてほしいんだって。
言っていいんだよ。

自分の気持ちと違うことばかりやっていると
生きているのが楽しくなくなっちゃう。

自分の嫌いな人と一緒にいたり、

嫌いな場所にいたり、

やりたくないことばかりやっていると

無気力になってくる。

嫌い好きも個性 なんだから。

やりたくない、やりたいも個性 なんだから。

自分の好きなことや やりたいこと、

自分の頭ではなく、

身体(心)がやりたいと思うことを
選んで行こう。

身体が喜ぶ人といよう。

身体が喜ぶ場所にいこう。

身体が喜ぶ物を食べよう。

自分の心に素直に生きること。

自分の本心に素直に生きること。

それをしちゃいけないなんて、
馬鹿げていると思いませんか?

自分で自分に許可してあげよう。

あなたがあなたとして生きることを
自分に許可してあげよう。

もっと自分らしく生きたい!!
生きていて苦しい!!

そんな方は是非ご相談下さい。

自分の本心を我慢しない